~お茶を愉しむ~伊藤 雄志先生の練上湯呑

大らかな練り込みは抽象画のようです。 着色された磁土はくすんだ色味ですが、はっきりした輪郭に縁取られ、しっかりとした主張をしています。 一般的な筒形の湯碗のように見えますが、よく見ると口縁はゆるやかに高低が作られています。 ものによってはところどころ、薄い緋色の窯変が出ており、この意思強い抽象画と対比する意外性があります。…

続きを読むread more