「鵜の目 鷹の目」 新しいカタチの陶房ブランド「陶工房 斿」

金重家の技術や姿勢を受け継ぐ者たちが、新しい形の陶房ブランドを伊部の地で立ち上げた。金重有邦先生門下、金重周作・金重陽作・齋藤理の三名で開設された「陶工房 斿」は、使いやすさを根底に「日々の生活にうるおいを与える器」を目指す。 今回は、向附を中心に出品されました。可愛い赤絵や遊び心のある掻落など、お料理を意識した器がならぶ。特に、際立…

続きを読むread more