『ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展』 二週目 ~作品紹介~

一雨降るごとに樹々の緑が力を増して深まるようです。
雨上がりに見るお花は、生き生きとして通常よりも色鮮やかに感じるのは私だけでしょうか。


今回の『ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展』の初日には、ここ関東でも梅雨入りしました。
湿り気を帯びた空気の中並ぶ作品達は静寂に包まれながら、いつも以上にひっそりと呼吸し、静かに各々の存在を主張しあい、輝きを増しているように感じます。

当苑では入社すると、湿った布を固く絞ってから作品を拭いて店頭に並べると、しっとりとして、色も、雰囲気も、より美しく見えるのだと教わります。会場に並ぶ作品も、そのものの美しさはさることながら、この6月の空気が自然とその効果を与え、輝きを増しているのかもしれません。

さて、今週も引き続きます『ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展』
じっくりと鑑賞して戴ける空間となっております。
お時間合いましたら、是非ご来苑戴き、作品達の息遣いを感じて戴けたら幸いです。



画像
画像
画像
23:加守田章二 炻碗 五客
灰釉のお仕事が少なくなって、次の曲線彫文などの作品が生み出されるまでの1967-70年くらいの期間に作られた作品。

1967年に生み出された手法は、土器風の本焼土器(酸化文)。
陶土で成型→素焼き後、耐火性の高い全面に化粧掛→その上から石灰釉を全体に掛けて本焼。
窯出しの際に化粧土ごと釉がめくれて剥脱することで生まれる効果を表現として生かしており、高温で焼き締まっているが、まるで低火度で焼成した土器の肌のように柔らかく見える。

本作品は、その流れの中で生まれた仕事のひとつで、灰釉を飛ばし、焼き上がりに変化を付けることで水玉のように表現している。
無釉の柔らかな土器のような雰囲気と、この後の様々な文様に繋がる雰囲気が伺える。
この年代の作品は、色彩溢れる加守田作品が生まれるにあたっての大変重要な時期の作品と言える。

底部に「章」の印銘。



画像
画像
画像画像
25:山田山庵 黒 銘 山路
『自撰 楽茶碗』(1992 大塚巧藝社)所載
柔らかな土の雰囲気に合った、厚みを持たせた口造りや、優しく丸い形。
釉の乗りも濃淡があり、それによって色味も様々に見えてくる。
口の一部は、土を貼り合わせたような重なりが見えたり、釉は、僅かに弾いた部分なども残って変化に富んでいる。

通常の焼物と違い、数分という単位の短い時間で焼き上げる黒楽茶碗。
その短時間の中で、掌に納まるお茶碗の中にドラマチックな複雑な物語が焼き付けられるのは、大変興味深く魅力的。







降ったり止んだりの不安定なお天気……。
気持ちも不安定になりがちですが、先生方の作品を見て落ち着きを取り戻す時間としたいものです。









※尚、図録、DM掲載外の作品に関しましてはご予約は承れません旨、予めご了承下さいませ。

(葉)




ひとりたのしむ 昭和巨匠陶藝逸品展

The Grand masters of Showa era
開催期間:6月7日(金) ~ 6月18日(火)
休業日:13日(木)
Exhibition : June 7 to June 18, 2019
11:00~19:00



現代の陶芸界の礎を作られた昭和陶藝の巨匠たちの逸品は、今日さらに輝きを増して我々を楽しませてくれます。他では見られない素晴らしい作品を皆様にご堪能いただければ幸いです。

出品作家(敬称略・五十音順)

荒川豊藏/岡部嶺男/音丸耕堂/金重素山/金重道明/加藤唐九郎/加守田章二/河井寛次郎/川喜田半泥子/栗木達介/黒田辰秋/塚本快示/三輪休和/十一代 三輪休雪/山田山庵 他

The wonderful works by the grand masters of Showa era, which are the basement of Modern Pottery world, still give us pleasant surprise with its beauty. We would be pleased if you enjoy the best items of our gallery.

ARAKAWA Toyozo/OKABE Mineo/OTOMARU Koudou/KANESHIGE Sozan/KANESHIGE Michiaki/KATO Tokuro/KAMODA Shouji/KAWAI Kanjiro/KAWAKITA Handeishi/KURIKI Tatsusuke/KURODA Tatsuaki/TSUKAMOTO Kaiji/MIWA Kyuwa/ MIWA Kyusetsu XI/YAMADA Sanan










京橋 魯卿あん
Rokeian

 〒104-0031 中央区京橋2-9-9
 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
 http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian/
 営業時間:11:00~18:00 定休日:日曜日・祝日



※無断転載、再配信等は一切お断りします


黒田草臣ブログはこちら

Twitterページ はこちら

Facebook ページはこちら

Instagram ページはこちら

しぶや黒田陶苑のホームページに戻る