魯卿あん便り…魯山人志野

画像


昭和5年、荒川豊蔵先生が大萱で志野の古窯址を発見してから、魯山人先生も志野や織部の再現に努めたが美濃には良質の長石がないことを知ると、修業時代の京都で世話になった内貴清兵衛が建てた若狭の別荘地から産出する良質の風化長石をもらい受けて志野釉とした。

画像
志野茶碗 共箱 ※価格はお問い合わせ下さい


画像


豊蔵先生、唐九郎先生も鼠志野や赤志野は敬遠したが、魯山人先生は鬼板を化粧した作品を左手に持ち、右手に鉄筆で躊躇なく掻落して、その志野釉をずぶ掛けして匣鉢に入れて登窯で焼成した。

画像


菖蒲やススキなど草花を好んで作品に描かれた魯山人先生。自身の邸内には畑をつぶしススキ林を造り、観察やスケッチを欠かさなかった。
燃えるような赤が魅力的な先生の赤志野や鼠志野。ぐい呑や徳利、鉢、茶碗、引っ掻く様に描かれた草文は白がハイライトのようにアクセントとなり全体の力強さを際立たせている。
(観)