「鵜の目 鷹の目」 お陰様での おいしいうつわ

湿気がおおく、空気が重く感じられる今日この頃でございます。
梅雨明けは、いつごろでしょうか。

今週は「おいしいうつわ」を開催しております。
この展示会も何度目になるのでしょうか。
普段の現代作家の個展などになると、大抵は作り手の目線で厳選した器が展示になりますが、
使い手や受け手側に近い感覚で選んだ器の展示会が、この「おいしいうつわ」です。
なかなか開催が難しく、一年に一度ぐらいの間隔になっておりますが、
料理をされている方々を中心に好評を戴いて、これまで続けさせて戴いております。





画像

芙蓉手向附



画像

古染付羅漢ノ図



画像

藤田喬平 ヴェニス小鉢



画像

金重道明 伊部貝型向付



画像

田中佐次郎 斑唐津蛤向付



画像

辻清明 慶州土木の葉皿



画像

加藤静允 古伊万里風小皿




展示は、7月2日(火)まで。
ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

今後の展示会のご案内をご希望でございましたら、下記のところへお問合せくださいませ。
お待ちしております。








※無断転載、再配信等は一切お断りします


黒田草臣ブログはこちら
しぶや黒田陶苑のホームページに戻る
お問い合わせは、しぶや黒田陶苑まで(03-3499-3225)メールアドレス info@kurodatoen.co.jp