魯卿あん便り~柔剛一体

画像

手桶をモチーフとした作品は古今問わず存在するが、魯山人先生のそれは全体としては勢いに溢れながらも、肝心な部分においては細やかな気配りが見える、まさしく先生の持つ豪胆さと繊細さ、「柔」と「剛」がそのまま表出したかのような、得も言われぬ存在感を放つ。
画像画像

まず壷を作るように一気呵成に轆轤を引き、その後すばやく側面を切り抜く。
把手の部分を通し作り、しめ縄部分や縦鎬は鋭い箆使いによって表現される。
伊賀釉のほか、志野、絵瀬戸や備前など様々な技法で作品を創り上げた。

画像

釉掛けも一部にあえて素地を見せることで、
「清水を通して細かな宝石の集まりを眺めるよう」と魯山人先生が形容した美しい伊賀釉の緑色と信楽土の緋色との対比が作品に花を添える。

白崎秀雄氏の「北大路魯山人秀作図鑑」に所載されている。
肩部に「魯山人」の銘がみえる。

<北大路魯山人 伊賀釉手桶花入 陶々菴識箱>

(申)


京橋 魯卿あん Rokeian
 〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F
 営業時間:11:00~18:00
 定休日:日曜日・祝日
 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
 E-Mail : info@kurodatoen.co.jp
 http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian.html


Facebook
Twitter
Instagram
黒田草臣ブログ
しぶや黒田陶苑
※無断転載、再配信等は一切お断りします