凛とした青瓷の世界 ~伊藤秀人展はじまりました

本日、伊藤秀人先生の個展が始まりました。




図録掲載作品は古典的な造形が多いですが、
追加作品としてモダンな造形の作品がいくつか届いております。


画像


画像
No.27 青瓷耳付香炉





展示会場では、古典的な造形の世界と、モダンな造形の世界。
それぞれご覧いただけます。



古典と向き合う中で生まれた作品と
それらを自分の中で咀嚼し、溢れ出たものをあらわした作品。


どちらも凛としていて、透明感のある美しさを持った伊藤先生の真骨頂です。



画像
No.19 青瓷香炉「先」







今回、図録作成にあたりご寄稿くださった岐阜県現代陶芸美術館学芸員 林いづみ先生の文章が
本当に素晴らしく、ぜひこちらも読んでいただきたいです。
https://www.kurodatoen.co.jp/exhibition/201905310604/





画像
青瓷鏡玉




店内の照明は、なるべく自然光に近いなかでご覧いただけるよう準備致しました。
先生の手から創り出された青瓷の世界。ぜひ実際にご覧ください。




会期は6月4日(火)19時までとなっております。
会期中、伊藤先生は 2日(日)は不在ですが、それ以外は終日在廊くださいます。


爽やかな青葉の季節…ご来苑をお待ちしております。





(恭)











※無断転載、再配信等は一切お断りします


黒田草臣ブログはこちら

しぶや黒田陶苑のホームページに戻る