陶心

アクセスカウンタ

zoom RSS 魯卿あん便り〜酒器特集展

<<   作成日時 : 2019/02/11 23:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

先週に引き続き 京橋 魯卿あん にて昭和巨匠の酒器を特集した展示をさせて戴いております。
この機会にぜひご来苑下さいませ。
画像


・金重陶陽 酒呑
「備前中興の祖」と呼ばれ、手作業での石選りや脚踏みで徹底した土づくりをおこなわれた。その土肌は無釉焼き締めとは思えぬほど滑らかで、隈取や内側の緋色も柔らかい表情を見せ、穏やかな気品を漂わせている。高台周辺の削りや、持った時に手に馴染む質感は正に天才的な妙技であろう。
画像


・鈴木治 酒碗 スワン
走泥社の創設者のひとりであり、前衛的な芸術作品を数多く作られた鈴木治先生。先生がつくられた酒器は比較的シンプルなものが多いが、本作品は口縁の部分を白鳥に見立て、外側の鎬は美しい羽根を想起させる。まさしくその佇いは湖中に羽を休める白鳥のようで清新である。
画像


・荒川豊藏 志野盃
土は百草土を単味で用い、志野釉は地元隠居山の長石を水車の力で臼をついて使われた。
「柚子肌」と呼ばれるピンホール状の肌を呈し、豪放な印象を与えるが、その肌は驚くほど滑らかである。
指痕や釉の薄い部分がほのかな緋色を帯びているのも、作品に豊かな表情を与えている。
画像


その他にも物故巨匠作家の作品を多数展示しております。
展示は2月16日(土)まで。皆様のお越しをお待ち申しあげております。
(申)


『魯卿あん 酒器特集展』
2019年2月4日(月)〜2月16日(土)

出品作家(五十音順/敬称略)
荒川豊藏・岡部嶺男・金重陶陽・北大路魯山人・鈴木治・辻清明・藤原啓・八木一夫ほか


京橋 魯卿あん Rokeian
 〒104-0031 中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F
 営業時間:11:00〜18:00
 定休日:日曜日・祝日
 TEL: 03-6228-7704 FAX: 03-6228-7704
 E-Mail : info@kurodatoen.co.jp
 http://www.kurodatoen.co.jp/rokeian.html

Facebook
Twitter
Instagram
黒田草臣ブログ
しぶや黒田陶苑
※無断転載、再配信等は一切お断りします

月別リンク

魯卿あん便り〜酒器特集展 陶心/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる